悩みとその向こう側。 A Y U M I  A - L i v e

画家、イラストレーターA Y U M I のオフィシャルブログ。

ホーム > スポンサー広告 > 悩みとその向こう側。ホーム > モンモン > 悩みとその向こう側。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

悩みとその向こう側。

悩みの向こう側

あいつがいってしまった・・・

自らこの世からいなくなってしまった・・・


あいつとは友達以上に想っていた

ころがあった

想い出もたくさん

あった


最近では年に2回くらい

私に電話をかけてきて

ココロの中の話をしてくるあいつは

高校生の頃、絵が好きな私と一緒にいて

絵が好きになり

高校を辞めて働きだした私とは反対に

芸大へ進み

正しいと思われる道を歩んでいった

はずだった


大人の年齢になり

社会の中で好きなことをして生きていくというのは

厳しいという現状に直面する


感受性高くデリケートなあいつは

遠くをみては

その場で足踏みをして

悩みが彼を支配していたようにおもう


自分の好きな道をつくって歩いていく為には

人一倍の

努力や

勇気や

精神力や

忍耐力がいる


私はまだ歩き始めたばかりの自分の道で

体験してきたリアルな感覚を

伝えていきたかった


あの日の電話でのあいつはいつも以上に

社会に批判的で

口ばかりで何もしないあいつに

私はうんざりして

少し強い口調で

“何も行動せんと何にもわからへん!”

と言って電話をきった


でもそれが

あいつとの最後の会話になるなんて・・・


阪急ライブペイント前日、

準備に追われる私に

一本の電話が入り

あいつがこの世からいなくなった事を知る


一瞬

何も考えられなくなった

それから

あいつの最後の行動に

腹がたった

でもそれよりも

悔しかった。。。

“ちゃんと伝えたかった”

その気持ちが行き場をなくして

ぐるぐるとただよっていた

その日私は何度も抜け殻になりそうになった


だけど本当に今自分が何をすべきか

考えた

私は私の道を真剣に生きていく事で

伝えていくんだと

強く思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・  ・   ・
先日、何気に美容院で髪を切ってくれているおねえさんと話をしていてこんな話題になった。

おねえさん「私最近気付いたことがあったんです。
           AYUMIさんは人が悩む時って“なぜ悩む”か考えた事あります?」

AYUMI 「なぜ悩む?うーん・・・(自分に置き換えて考えてみる・・・)
      何年か前から私あんまり悩むってことなくなったかも・・・
      悩むというか問題があれば次どうしたらいいか考えてとりあえずやってみたりする・・・
      って答えになってないよね。」

お姉さん 「そう!それなんですよ!人が“悩む時”っていうのは“何も行動してない時”やから
       悩むんですって!単純な事やねんけど、言葉ではっきりと理解してから
       なんかすごく楽になったんですよねー!」

そっかぁ・・・

言葉で伝えるってむずかしい・・・


あいつの事を想い出した。

そして友達や家族や私の中にいる人たちの事を想った。


結局いつもうまくは言えないんだけど・・・

悩みの向こう側は

光であって欲しいと願う。。。


[ 2009/09/16 12:39 ] モンモン | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/09 16:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。